2007年2月18日 (日)

昇格したお(´・ω・`)b

つ、ついに、1等准尉から准尉長に昇格することができました!(画像は近日公開予定)

激戦区で佐官Mをやらせてもらったり、前線でMをこなしたのが早期昇進の決め手になったようです。 仲間もだいぶ上がってきてるので、隊長としてはうかうかしてられないな~って思ったり。

さて、一昨日から昨日にかけて、激戦区に行ってきました。S36とかS32だったかな。あとはサカタインダストリィとかも攻めてみました。サカタインダストリィは機体調整と人数調整の為に出撃してました。 何度か勝利はしたものの、やっぱりフィーリングが合う人とそうでない人がいるのでしょう。人が変わると途端に勝てなくなったり、連勝できるようになったりと、改めて人間くさいところを見せつけられました。 人対人の戦いゆえに、人間の相性というのが大きな要因にもなるということですね。

話は変わりますが、うちから独立したChickens Stratの活動をあまり見ません。隊長であるAが忙しいのかな。 面倒見れなくて昔のFreiheitのように空中分解するよりマシなので、いざとなったらうちにくればいいのに。って思ってしまうこともあるけど、理念が違う部隊へ編入してもうまくいかないかもしれないでしょう。成り行きにまかせて様子を見ることにします。

さてさて、ちょっと遅くなったけど、これからインしようっと。

あ、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、当ブログにAmazonのアフィリエイト広告を貼り付けましたw  是非是非、ご利用下さいませ。ヨロシクです(´∀`)ノ 

| | コメント (33) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

ついに昇進

ついに、准尉になりました!

長かった、ホント長かった・・・

もう下士官なんて言わせないw

そう、ついに俺は銀バッジを手に入れたのだ!

いぇぇ~~~~~ぃ \(´∀`)/

 

ところで、話は変わるが・・・

最近、ほったらかしてしまったツケのおかげで、

隊員がバラバラに・・・

教導も兼ねて統制区で新兵を鍛えつつ募集していましたが、

昔のような勢いがない為か

参加者は増えても隊員が増えません(;´Д⊂)

あぁ、なんとかならないかね・・・ 

まぁ、自分のせいで隊が過疎化したんだから、

ちゃんとケツ拭かないと・・・

みんなが戻ってきた時に盛り上げられるように

隊員を増やそうと決意を固めました。

 

これからFMO始める人、

もしよければヨロシクねw (何気に勧誘w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

戦術の確立を目指して

昨日の大敗が身に堪えてるアキラです(´Д`;)

今日の夕方、仕事が一段落した頃、まだ業務中なのに戦術についていろいろ考えちゃったり・・・w (仕事しろよ、俺・・・) まぁ、ある程度終わっていたのでいいんです。こっそり考えていたので、周りには真剣な顔して仕事しているようにしか見えなかったハズw

それはさておき、考えた戦術なんですが・・・ USNの某SQの構成に少し似ているかもしれません。ネタバレしちゃうと楽しみが減るので実際に戦場でご覧下さい。前よりも確実に手強くなっているハズですよw (微妙に宣戦布告w) まぁ、手探りなので経験豊富な人からの助言も取り入れて精度の高い部隊を作り上げるつもりです。

えーっと、タイトルのわりには薄っぺらい内容でしたが、ご容赦を。・・で、次の話題は・・・ な、なんと! というか、ついに・・・ 『赤ベレー』出ちゃいました!!! 占領区戦いまくっても出なかったアレがついに!!! マジで貧乏(テラビンボー)だったのですが、無理して買っちゃいました。お値段は皆様ご存知の通り、20マソ・・・ た、高ぇ!! なんでこんな布きれに20万も金払うんだーーー?? というか、条件を満たして権利を得たんだから支給しろよw と愚痴を言いつつ、いざ装備。 おぉ~~~、イイじゃありませんか。なかなかシブくてキマってます。ちょっと自慢げに統制区なんか歩いてみたり・・・ (ち、小せぇ、俺w)

さて、またお金を貯めなきゃなぁ・・・ マジで貧乏だよ・・・(´□`;)

あとですね、実は、昨日の『大敗』の前(一昨日)に激戦区の最前線を攻めていました。ただの書き忘れw 

その時は半分くらい負け・半分くらい勝利しました。M成功もちょうど半分くらいかな。一昨日と昨日のMで稼いだ貢献値により、残り半分をきりました! 念願の准尉へ着実に近づいております。まぁ、目標は士官なので、もっともっと頑張らなきゃいけないんですがね。 最初、バランス構成でやってたんですが、格闘ガチ部隊に凹まされました。メカ3機で、前衛と一緒に距離を詰めて、負傷者が次々と殴り倒されてしまいました。 ・・がそれでめげる俺じゃありません。有識者の助言を得て、GRを武器に取り入れたり、爆撃をしたりと、試行錯誤していきました。それにより勝利を得ましたが、次に遭遇した際、敵は本陣を微妙に移動させて爆撃位置から反れてしまったのです。それによりまた負けを味わってしまいました。どうしようか皆も決めかねている様子だったので、とっさに俺が口にしたのは・・・「だったら俺らのところに爆撃置けばいいんじゃない?」 すると「え?本陣爆撃?w」と一部から動揺の声があがりましたが、俺が「まさか敵も俺らのど真ん中に落ちるとは思ってもいないでしょ。俺らの本陣に粘着してくるからそれを逆手に取ればいいんだよ」と説得。「それ、いいかもね」という声もあがり、いざ決行! 出撃してP待ちをしていると・・・「来た、同じやつらだ」 早速、この作戦を実施したところ、面白いほど引っかかってくれました。最初は同じように交戦して敵本陣を攻めたり、こちらの本陣が攻められたりの攻防を繰り返し、砲台の援護でこちらが疲弊してきたところへ敵本陣ごとのガチ突撃。そのタイミングを読み、既に爆撃要請済みの位置から一斉に退避!! メカはそのまま置き去りにしたり、余裕があれば前衛が引きつけたりしていました。爆撃数秒前、一斉にアサルト隊はRDで全力疾走! 無事、範囲外に退避した頃には、敵部隊のグリルが出来上がっていました。 俺がRVで「O,C,U全機、突撃!」の合図を出すと味方部隊の強襲が始まりました。弱った敵を次々と撃破。残った敵メカにはGRのオンパレード! なんとも美味しそうなメカのグリルが出来上がりました。 その後、基地へ凱旋し、皆で反省会。デブリーフィングオフィサーを見ると、イイ感じで引きつけて爆撃を食らわせている様子が見てとれました。まぁ、同じ戦術がそう何度も通用するとは思えませんが、敵の虚をついた作戦というのはやはり効果的のようです。

今回の出来事で、指揮統率、作戦立案に自信がついてきました。まぁ、まだまだ至らない点が多いのが事実なんですがね。実際翌日に大敗してるしw でもね、以前よりもだいぶマシになりましたよ。これも、激戦区で知り合った方々が親切に指導・助言をしてくれたからだと思っています。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 

【おまけ】 成長の記録

■アサルトLv:31 ■ミサイラーLv:21 ■メカニックLv:28

■レコンLv:16 ■ジャマーLv:22

■スナイパーLv:26 ■コムスLv:17

貢献値:半分強  准尉まであと半分弱

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

雑記

ども^^ノ 5月9日の誕生日を迎え、オッサンへの階段を上っているAkiraです。

今回はまとまりの無い文章を書いていこうと思います。

・お知らせ

U.S.N軍所属従軍記者であるリオンさんのブログ『リオン報告書』にうちのSQが紹介されました。どうやらお墨付きのようですw ありがとうございます^^v

http://blog.livedoor.jp/rion_rockheart/archives/50542417.html

自分で言うのも変ですが、うちのSQは隊員規約にもある通り、『死体撃ち』、『撃破後の腕振り』を禁止しています。もし隊員並びにゲスト枠で参加された方でそのような行為を目撃・事実確認をした時は厳しく取締まりをしていくつもりです。戦場の中にある尊さとは、生きるか死ぬかの中で一生懸命戦うからなのです。それを踏みにじる行為は断じて許しません。それは明言します。タイマンにおいても極力紳士的に振舞うようにしています。極力というのは最初の頃、礼をせずに遭遇した時点ですぐに攻撃していた事がかつてあったからです。最近は相手の動きを見て、すぐに攻撃してくる様子であればそのまま応戦しますし、立ち止まってしゃがんで礼をするのであれば同様に応対するということです。相手を見てしているのではなく、こちらからも積極的に実行した上で判断をします。

昨日、休止していたロイス氏が復活を果たしました。ちょうど統制区で新兵教育(SQ勧誘の為ではない)をしていたので、合流してもらいました。ブランクがあるとは思えない操作。さすがβの頃からのベテランだと実感。うちの隊員としていてくれるとは大変心強い存在なのです。かねてから当SQの問題であった副隊長ナシの問題は彼がいてくれることで解決できると思い、副隊長への就任を打診したところ快諾してもらえました。階級は彼の方が上ですが、隊員名簿にもある通り、Mをあまりしない為、『叩き上げ』なのです。今後、自分の階級が上位になりその点は解消されると思います。あと、隊内教育は彼を主軸として行っていこうと考えています。操作の腕、知識を是非とも他の隊員に伝授してもらいたい。

 

・スコードロン

昨日の新兵教育でフライハイトへの入隊希望があったので入隊して頂きました。まだまだ教育が必要ですがきっと将来の戦力となることでしょう。一歩一歩着実に育てていきたいと思ってます。

あと、指揮系統の確立をしなければなぁと考えています。うちの弱点である統率の取れない動きを解消する為には小隊(3人1組)を編成し、それをまとめる実動隊長(前線指揮官)の立場を設置しようと思ってます。実動隊長はもちろん隊の主軸である副隊長にやってもらいます。この点に関しては彼の性格を考慮した上での決定です。自分は戦況を把握しつつ各指揮官に対して指示を出す総隊長的役割でいくつもりです。それは自分の操作に自信がないからではありません。プレイ環境の問題もあるのですが、その方が戦力が安定すると想定した為です。

位置付けの図を簡単に

総隊長:Akira

  |

実動隊長:Rois

  |

第一小隊長(攻撃・急襲)

第二小隊長(攻撃支援)

第三小隊長(後方支援)

こんなところでしょうかね。 まぁ手探りでやりながらフライハイト独特のスタイルが作れたらいいなぁと思ってます。

  

・成長の記録

メンバーもだいぶ育ってきました。時間帯の問題がかなりネックではあるのですが、なんとか隊員同士の交流をしつつ勝利を掴む為の練習がしたいと思ってます。 個々の操作スキル向上に関しては訓練場などで隊員同士をタイマンさせて練習させているのでだいぶ良くなったとは思っています。上でも述べましたがあとは連携をいかにするかです。

余談ですが、以前はロイス氏に負けていました。しかし、昨日から今日にかけて集まった際に訓練場でタイマンを行ったところ、最初は連敗していましたが回数を重ねる度に相手を追い込めるようになり、ついには連勝することもできました。・・が、ラストの戦いで両腕を破壊されて敗北。やっぱり年季が違うなぁと痛感。もっと精進せねば。

 

いろいろ書いてしまいましたが、最近目まぐるしく物事が起きているので書ききれませんwネタがあるので嬉しいんですけどね^^

ご覧下さってる皆様へ、今後ともフライハイトを宜しくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月30日 (日)

昇格、そして近況

つい昨日、ついに陸軍付最上級曹長への昇格が叶った。下士官の最上級である。

やはり、部隊をまとめる者として、階級が隊員よりも低いというのは格好がつかないのである。その手前、貢献値稼ぎには敏感になっている。激戦区Mをやりたいのだが、やろうとすると時間帯的な問題でMがなかったり、SQメンバーがそろわなかったり、乱◎BGがなかったり・・・といろいろな障壁に悩まされる。 しかし、それでめげるわけにもいかず、占領区で細々とMをこなして貢献値を稼いだ結果、このように成し遂げられたのだ。

マンネリということもなく、知り合いも増えて満足なのだが、何かが足りない・・・ 何が原因なのか、いろいろ考えてみた。

1.最初の頃からの仲間がいない。(引退・他のゲームをプレイ・諸事情により休止)

2.SQの固定隊員も増えたが、全員で集まっての実戦が少ない。

3.自分の練習とLv上げや貢献値稼ぎ、SQ交流の両立が大変。

4.明確な立場での副隊長がいない(自分が不在時にまとめる者がいない)

5.日々の生活のストレス?w

といったところであろうか。

う~む、一朝一夕で解決できなさそうであるw

誰か相談に乗ってくれw というか助言キボンヌヽ(`Д´)ノ

 

【各ジョブLv】

■アサルト:Lv28  ■ミサイラー:Lv18  ■メカニック:Lv26

■レコン:Lv15  ■ジャマー:Lv22

■スナイパー:Lv23  ■コムス:Lv13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

昇級

ついに本日付で伍長から3等軍曹へ昇級を果たしました!

それに伴いまして、サブタイトルも『Corporal Akira の戦場体験記』から『Sergeant Akira の戦場体験記』に変わりました。 ほとんど変わってないというのは、まぁご愛嬌ということで許して下さい。

しかし、自分としては嬉しい限りです。階級章も変わり(伍長は兵長より線が一本多いだけなんで・・・)なんとか下士官らしくなれたじゃぁ、ありませんか~

感無量です・・・・・

昇級するまでの貢献値を貯める苦労はそれは大変でした。が、聞くところによると、1等軍曹から更に大変になるとのこと。おぃおぃ、これ以上大変なのかよ(´□`;)

今回は本格的に占領区にてBG(バトルグループ)組みましたが、いやぁ、皆さんホント上手。統制区で指揮官ぶっていた自分が恥ずかしくなりました(;´Д⊂)今回のを糧に精進していきたいと願うのでありました・・・

これから始められるユーザの方、是非是非来てください。というかうちのスコードロンに入って頂ければ幸いです。お待ちしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)